リンパってなに?

リンパとは?

リンパとは、全身を網の目のように張り巡らされている「リンパ管」、その管の中の流れている
「リンパ液」、鎖骨や、わきの下などにある「リンパ節(リンパ管の中継点)」。これらを総称したものをリンパといいます。

心臓から勢い良く送り出された血液が栄養や酸素を運ぶのに対して、リンパは体内で不要になった
老廃物や疲労物質を回収して運ぶ「下水道」のような役割を果たしている。

Lymph-image

●頸部リンパ節(首の付け根、顎)
なんと300以上のものリンパ節がこの頸部に集中しています。
ここが滞ると、肩こり、頭痛、自律神経の乱れ、二重あごなどを引き起こします。

●鎖骨リンパ節
すべてのリンパが最後にこの鎖骨リンパに合流します。鎖骨リンパ節は老廃物の最終出口地点がある場所です。
ここが滞ると、慢性的な肩こり、肌トラブル、老化、倦怠感などが起こります。

●腋窩(えきか)リンパ節(わきの下)
ここが滞ると、二の腕のたるみや肩こりを起こしやすくなります。

●腹部リンパ節
ここが滞ると、子宮や腸の働きが鈍り、便秘や生理不順、子宮・卵巣の病気などを引き起こします。

●鼠径(そけい)リンパ節(足の付け根)
ここが滞ると、下半身が太くなり、浮腫んだり冷えたり、生理通などが起こります。

●膝窩(しっか)リンパ節
ここが滞ると、ひざ痛、足のむくみ、冷えの原因に。滞留が重度になると血管やリンパが腫れて静脈瘤になります。
「第二の心臓」と呼ばれるほど重要なリンパ節です。

新着情報

さらにチェック

THE SLOW®︎は、日本フィットネスイノベーション協会が運営しています。